左画面が見えない時は、      
ココをクリックして下さい。       
日本書塾会・全ページが開きます。 

長からんこゝろもしらず黒髪の
みだれてけさは物をこそおもへ
79
このページでは、57番〜掲載致します。

小倉百人一首を毎月一点づつ掲載致しております。
皆さんもいろいろ考えて練習して楽しんで下さい。

棠山の百人一首
ら

このページは、2010年度分は、終わりました。
来る年は81番から12作品書きましょう。

秋風にたなびく雲のたえまより
もれいづる月のかげのさやけさ
80
瀬をはやみ岩にせかるる瀧川の
われても末にあはんとぞおもふ
77
うらみわびほさぬそでだにあるものを
恋にくちなん名こそおしけれ
65
もろともにあわれとおもへ山ざくら
花よりほかにしる人もなし
66
68
もろともにあはれとおもへ山さくら
花よりほかにしる人もなし
78
春のよの夢ばかりなる手枕に
かひなくたたむ名こそおしけれ
67
57
めぐりあひてみしやそれともわかぬまに
雲かくれにし夜半の月かな
有馬山いなのさゝ原風ふけば
いでひよ人をわすれやはする
58
やすらはでねなましものをさよふけて
かたぶくまでのつきをみしかな
59
大江山いくのの道の遠ければ
まだふみもみず天の橋立
60
よおこめてとりのそらねははかるとも
世にあふさかのせきはゆるさじ
62
古のならの都の八重桜
今日ここのへに匂いぬるかな
61
63
今はただおもひたえなんとばかりを
人づてならでいふよしもかな
あさぼらけうぢの川霧たえゝゝに
あらわれわたるせせのあじろぎ
64